シュタイナー教育を実践するシュタイナー学校。学校法人北海道シュタイナー学園です。

 

オーストラリア・アジア国際合唱団交流プロジェクト

2014年4月30日

4月20日から27日までの間、豪州の国際合唱団「Wayfarers Australia」(ウェイフェアラーズ・オーストラリア)の一行総勢73名がいずみの学校を訪れ、連日学校生徒への音楽指導をしていただいた他、一行の中のシュタイナー学校生徒との交流や、保護者や地域の方々とのワークショップ、そして26日には豊浦町地域交流センター「とわにー」で13世紀の旅行家マルコ・ポーロを題材にしたオペラ「マルコ」を上演、会場は満員の300人で埋まり大盛況のうちに幕を閉じました。

学校の生徒たちは太鼓演奏やもちつきで歓迎し、合唱や楽器演奏で言葉の垣根を越えた交流を深めることができました。この1週間、校内は常に音楽が絶えることなく、町内では「大人のための音楽プログラム」も連日開かれ、町内のコーラスグループ・コールウェンズとのワークショップもあり、地域の方々とも一緒に国際色豊かな合唱や楽器と触れ合う機会となり、町が音楽で溢れる1週間となりました。

このプロジェクトを支えてくださった全ての方々に、この場をお借りして御礼申し上げます。

公演本番前に町長を表敬訪問

日本文化交流 豊浦町コーラスグループ「コールウェンズ」との合唱講座

全体交流会での太鼓演奏 音楽劇「ロード_オブ_ザ_リング」

全体交流会での餅つき 26日公演第1部合唱コンサート

26日公演第2部オペラ「marco」 26日公演第2部オペラ「marco」

公演終了後全体記念撮影

ウェイフェアラーズ オーストラリア クワイア公演


ウェイフェアラーズ オーストラリア クワイア公演

「Wayfarers Australia」(ウェイフェアラーズ・オーストラリア)とは

「Wayfarer」とは旅人という意味で、このグループは、アジア・オセアニアのシュタイナー学校やシュタイナー教員養成における音楽教育に長年尽力してきた Judith Clingan AM 氏が1997年に立ち上げ、オーストラリアを中心としたシュタイナー学校の教師・生徒・父母たちなどから成る合唱団です。美しく心に響く合唱曲を歌うことは人間の最も重要な活動の一つである、というシュタイナーの考えに基づいて、さまざまな音楽活動を続け、世界各地を回って公演しています。その内容も多岐に渡り、歌唱(クラシック・ポピュラー・聖歌)、楽器、オペラを主体とした公演のほか、各地のシュタイナー学校での音楽教育の指導等も行っています。

今回の一行は、オーストラリアのメンバーに加え、2012年ツアーでの音楽指導で影響を受けた台湾のシュタイナー学校の約50名や中国、インドなどのメンバーも含め、総勢73人にのぼります。

  • 2012年ブタペストシュタイナー学校合唱団と王宮博物館での共演の様子【動画/YouTube】

Monteverdi: Lasciatemi morire

※動画表示されない場合はブラウザの再読み込みボタンを押してみてください

Leek: Kondalilla

※動画表示されない場合はブラウザの再読み込みボタンを押してみてください


「ウェイフェアラーズ オーストラリア クワイア公演」情報

  • 第1部:合唱コンサート
     賛美歌や世界の民族音楽など様々な歌曲を披露。

  • 第2部:オペラ「marco」
     13世紀の旅行家マルコ・ポーロの壮大な旅の物語。独唱や合唱、演技やダンス、
     演技やダンス、ミニオーケストラを織り交ぜた、大人も子どもも楽しめる音楽劇。

    【日時】 平成26年4月26日(土)
         開場13:30 開演14:00(17:30終了予定)

    【会場】 豊浦町地域交流センター「とわにー」

    【主催】 とわにー倶楽部

    【後援】 豊浦町教育委員会

    【全席自由】 大人:前売り 1,200円 当日 1,500円
           小人(小中高生):前売り 500円 当日 600円

    【お問い合わせ先(主管)】 北海道シュタイナー学園いずみの学校
                  (電話:0142-83-2630)


豊浦町地域交流センター「とわにー」




powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional